夫の死後、生け花教室を開き、細々と生活するれい子。貧困に苦慮し、教材の生花すら買えない状況であった。花代を稼ぐため、花屋の若旦那に体を許すしかなかったれい子の苦悩。そんな中、れい子の教室に通う一人の青年へ恋心が芽生えていく。