イキの良いイモリを割り箸で身動きできなくして唾をタップリと吐きかけます。臭い唾でのた打ち回るイモリをローファーで笑いながらゆっくりと念入りにクラッシュしてきます。イモリの顔がペシャンコになるのが可哀想・・・。